オーガニックシャンプーで髪本来の姿にチェンジ【神々しい髪へ】

シャンプー

美容効果の高い油

ドライヤー

植物性の亜麻仁油は、体の中では合成できない必須脂肪酸で、α-リノレン酸が豊富です。生活習慣病予防やアレルギー症状の緩和など、様々な健康効果を持っています。また、女性には嬉しい美容効果も満載で、美肌やダイエット、アンチエイジングに役立ちます。

もっと知ろう

白い髪を黒く

髪の毛

頭髪に白髪が目立ち始めてきた際に利用したい商品、それが白髪染めです。一度に頭髪全部を染め上げるタイプはもちろんのこと、近年はシャンプーとして利用しながら、徐々に白髪染めを行うことができるタイプの商品なども存在しています。

もっと知ろう

健康にいい人気油

シャンプーレ

アマニ油はオメガ3という脂肪酸を摂取することができる油なので、健康体になるには、お勧めの食品です。しかしながら、万能の薬のようなものではないので、過剰摂取するといろいろな問題が生じます。そのため、バランスよく摂りましょう。

もっと知ろう

髪本来の輝きを取り戻す

オーガニックシャンプーの口コミはこちらのサイトで紹介しています。髪質に合わせたおすすめ商品を紹介しています。

シャンプーの中身が違う

女性

そもそも、オーガニックシャンプーと一般的なシャンプーの違いは何なのでしょうか。皆さんの回りに数多くの種類があるシャンプーですが、シャンプーには汚れを落とす成分、髪につやをだすためのコーティング剤、泡立ちをよくするための成分、など様々な成分が配合されています。一般的には、水の次に多く含まれるのは汚れを落とす成分、ラウレス酸またはラウレル酸化合物です。コーティング剤としてはシリコンがメジャーな成分です。どちらも合成成分ですが、流通している多くのシャンプーに含まれています。中には良い香りをつけるための人口香料や、石油系の着色料を使用しているものもあります。一方、オーガニックシャンプーは化学合成成分を減らし、有機由来成分や天然成分にこだわった製品です。化学合成成分が配合されているから有害でオーガニックシャンプーは無害というわけではなく、国が合成成分の基準を定めています。しかし、本当に合成成分ばかりのシャンプーを毎日使い続けても体に影響はないのでしょうか。

なぜ今オーガニックか

最近「オーガニック」という言葉が良く聞かれるようになりました。チョコレートやコーヒー、化粧水など身の回りのものでオーガニックを選ぶ人が増えています。オーガニックシャンプーもその時代の流れに乗った製品の一つです。一般的なシャンプーに比べ、オーガニックシャンプーは価格帯は高いかもしれません。しかし、中身成分を確認し、違いを体感した人はオーガニックを選択しています。化学成分により機能性が高まった製品が溢れる現代社会において、そういった製品を小さいころから使い続けてきた若い世代のアレルギー保持率の高さ、アトピーを持つ子どもたちの多さを見ても、自然・天然に立ち返ろうという動きが出てきている証拠なのです。